BLOG ブログ

ユニベールハウス1号棟

外壁工事が進んでいます。

ガルバリウム鋼鈑の白の鎧張りで品のある外観に仕上がっています

ガルバリウム鋼鈑は一般的には、縦張りもしくは横張りですが、この住宅は鎧張りにして、品と風格が出る工法を用いています。

建物内部は、玄関わきの広々とした収納スペースを設け、タイヤはもちろんの事、趣味のアウトドア用品や自転車も収納ができ、2階をリビングダイニングにして開放感のある空間にしています。

室内の壁の大部分を珪藻土の漆喰としてあり、健康にも配慮した住宅に仕上げながら、ローコスト住宅を実現しています。

ユニベールハウス1号棟の外観写真です。

ユニベールハウス1号棟の工事の進捗状況について

金子勉1級建築士とユニベール不動産とのコラボでの建売住宅で、ユニベール不動産にとっては初の自社住宅の建築販売となります。
テーマは遊び心があって、開放感のある大工さんなどによる手作りのこだわりのある健康住宅です。
近況では外壁工事も進み、もうじき足場が外れます。
ガルバリウム鋼鈑の鎧張りで、上品かつ高級感のある外壁になっています。
建物内部については、大工さんの腕の見せ所で、建具や階段等は既製品ではなく、現地で加工をして制作をしています。
建物内部の壁は、大部分が珪藻土の漆喰塗りで仕上げており、調湿・調臭効果があり住まわれる方の健康にも配慮しています。今のコロナ禍において、手洗いうがいの徹底は重要です。玄関に手洗い場を設けて部屋の内部に入る前に手洗いができるように配慮をしています。
最近では珍しくなっていますが、大工さんが現場でカンナをかけ、内部の建具や造作工事を行っていますので若干工事は遅れていますが、完成をお楽しみにして下さい。

ユニベール不動産ホームページ